読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イムス板橋リハビリテーション病院 理学療法BLOG

東京都板橋区のイムス板橋リハビリテーション病院 理学療法部門の活動報告BLOGです。勉強会や学会参加報告など当院の理学療法部門の魅力をお伝えできればと思います。気になった方はこちらのHPにもアクセスしてみてください。 HP: http://itareha-pt.jimdo.com/ 休日勉強会グループItareha Study GroupのTwitterものぞいてみてください。Twitter : https://twitter.com/ItarehaStudy?lang=ja

ゲイトソリューション

ゲイトソリューションといえば、油圧ダンパーの組み込まれた装具の足継手のことを指しています。

 
開発者である山本澄子先生は
理学療法学 第39巻第4号(2012年)の「バイオメカニクスから見た片麻痺者の短下肢装具と運動療法」でゲイトソリューションのことを以下のように説明しています。
 
ゲイトソリューションの足継手は正常歩行で見られる立脚期の4つのロッカー機能のうち、ヒールロッカーとフォアフットロッカーの補助を行っています。
ヒールロッカーでは、「踵から接地し、足継手が底屈する際に油圧ダンパーの効力によって、急激なつま先接地を防いでなめらかな接地を可能とする。」
フォアフットロッカーでは、「踵が離れた後のフォアフットロッカー以降に足継手は再び底屈するが、その際に油圧ダンパーの制動によって過剰な底屈が抑えられる。」とあります。
 

f:id:itarehapt:20160812142331j:plain

 
文献の中では、片麻痺患者の三次元動作解析装置と筋電図を用いた歩行分析の結果からゲイトソリューションによる歩行練習でどのような効果を得られるか説明されています。
例えば、
適切な補助によるアンクルロッカーの改善
筋活動パターンを正常歩行に近づける(屈筋・伸筋の切り替えが出現)etc...
 
改めて、ゲイトソリューションは治療手段の1つとして素晴らしいものだと感じました。
ぜひご一読を!