読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イムス板橋リハビリテーション病院 理学療法BLOG

東京都板橋区のイムス板橋リハビリテーション病院 理学療法部門の活動報告BLOGです。勉強会や学会参加報告など当院の理学療法部門の魅力をお伝えできればと思います。気になった方はこちらのHPにもアクセスしてみてください。 HP: http://itareha-pt.jimdo.com/ 休日勉強会グループItareha Study GroupのTwitterものぞいてみてください。Twitter : https://twitter.com/ItarehaStudy?lang=ja

東京都障害者総合スポーツセンター

こんにちは。広報担当の小栢です。
随分久しぶりの投稿になってしまいました。


板リハも新年度になり、多くの仲間を迎えることができました。

また、新人さんたちの動向も追って報告できればと思います。

 


今回は、当院に東京都障害者総合スポーツセンターの方にお越し頂きました。

 

回復期リハ病院を退院後、障害をおった方のスポーツ支援についてご説明して頂きました。

f:id:itarehapt:20170505194807j:image

 

片麻痺の方が卓球をする。


気管切開をした方がプールに入る。


実際にはスポーツをしたい方もいるはずなのに、医療関係者が危ないから、と制限をかけていませんか?

 


私たちのような回復期リハ病院に限らないことかもしれませんが、病院に勤務しているとリスクを気にしてしまい、活動を制限している可能性があると思います。

 


そんな方達を支援しているのが東京都障害者総合スポーツセンターです。

 

 


今回は、実際の利用者の方にも来院して頂き、スポーツセンターに行くようになった経緯や現状、これからについてなどをお話しして頂くことができました。


実際の利用者の方は、スポーツを通してできなかったことができるようになり、自信に繋がっている印象を受けました。

 

ですが、回復期リハ病院からスポーツセンターを利用する方はまだあまり多くはないと仰っていました。

 

理由は、前述したようなリスク面で制限されてしまう場合もありますが、もう1つには地域包括ケアシステムの枠組みに娯楽やスポーツは含まれていないという点が挙げられます。

介護保険部門ももちろん重要なことではあると思います。

 

ですが、「その人らしさ」や「いきいきと生活する」ということを考えたときにスポーツなどの娯楽もサポートすべきことだと改めて感じました。

 


スポーツを通して機能的な改善を見込めるケースもあるはずなので、今後は是非とも繋いでいきたいと思います!